結婚式場は即決で決めることなかれ|足を運ぼう

依頼する前に考えること

女の人

負担を減らす提案が必要

結婚式の後の二次会を検討するなら、まずは幹事の人選が重要です。幹事のやるべきことは、会場を選んで予約をしたり、参加者を募るだけでなく、予算内で収まるよう調整したりと二次会にとって重要な役回りとなります。そのため、新郎新婦は成功させるために、人選をしっかり見極めなくてはいけません。幹事はかなりの仕事量となり、その負担を無償でお願いするので、近しい友人にお願いするのが一般的ですが、仕事が忙しく残業続きとなっているような相手にお願いするのは、無茶な注文となるのでタブーと言えます。もし1人だけを選ぼうと考えているなら、仕事量を分散させるため、敢えて複数人を幹事にするのもひとつの手です。行動力があり、責任感の強い人をリーダーに据えて、数人のサポートがいれば十分に安定するでしょう。また、新郎新婦が結婚式の準備に忙しいからといって丸投げしてしまうと、二次会の準備が進まないことがあります。幹事はあくまでもサポートであり、二次会の主役は新郎新婦なので、当事者として協力しながら行動することが大切です。依頼する場合は、ただお願いするだけでなく、幹事として動いてもらえれば利点もあることを説明しておくと良いかもしれません。準備だけでもプライベートな時間を削り、さらに当日は進行に忙しくなって食事を楽しむこともできないかもしれません。そういったこともあり、通常は会費免除となるのが一般的で、後日食事会を開いてごちそうしたり、お礼の品を渡すなどのアフターフォローも必要です。これらの内容を踏まえて、二次会の幹事を依頼すれば相手も負担が少ないことがわかり快く引き受けてくれるでしょう。